下半身減量と骨盤の変形

下半身が分厚く映る理由に、骨盤の歪曲があります。下半身減量は、こういう歪曲をアシスト講じるというものです。骨盤がゆがんでいるという内蔵の役目にバリアをあるばかりでなく、減量がスムーズに赴きにくい体質になってしまいます。歪曲や違いのない骨盤にすることと、適切な運動をすることが、下半身をシェイプアップさせるためには必要です。自分の骨盤が歪んでいるかどうかを、簡単に考えるテクニックがあります。眼を閉じて、その場で足踏みを50回します。足を上げ、こぶしをふって、きちんとした稼働で足踏みを通じていきます。足踏みが終了した後に、足が、どの路線かに移動してしまっていたら、骨盤は相当歪んでいるということになります。下半身を引き締めたい時折、前もって骨盤の歪曲を適正な状態にすることが大事になります。家で望めるムーブメントで、骨盤の歪曲に良いものがあります。四股上りという名前の、ムーブメントになります。直立した振る舞いから、両膝をとなりら変わり、腰を少々下げます。両手は膝の上においてください。下半身の環境が整ったならば、右手なら右手、左手なら左手の肩を斜め前に対します。肩を交互に斜め前に入れますが、足がぶらぶら講じるようであれば、股関節が弱ってある物証だ。腰からあとが手前へって傾くなら、どこかに歪曲が残っているといえるでしょう。下半身減量のために骨盤を直したい個々は、四股上りなど簡単な動作を、地道に積み重ねるのがおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ